2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.  »  2017 09

[PR 広告]

kage

-/-/- (-)

GFRIEND、頂点へ向かって走る…ショーケースで語った覚悟(総合)

kage

2016/1/26 (Tue)

転倒映像が話題になったその後、ガールズグループGFRIENDが頂点へ向かって走っている。
86112003

25日午後3時、ソウル広津(クァンジン)区広壮洞(クァンジャンドン)AX KOREAのAX HALLにてGFRIENDの3rdミニアルバム「SNOWFLAKE」のショーケースが開催された。
 
この日GFRIENDは、2015年に新人賞3冠王になった感想を付け加えた。GFRIENDは「目標が達成できた」とし、「今後熱心に頑張ってという意味で受け取り、より素敵な姿を披露したい」とコメントした。一緒に「デビュー最高の瞬間」に「授賞式でパフォーマンスを披露した時、ステージで私たちのファンだけでなく、他のグループのファンたちも私たちの歌を一緒に歌ってくれ、本当に感動して感謝した」と明らかにした。

また、2016年の目標について「一人一人の名前も知らせることができる一年になったら嬉しい」と語った。続けて「また、音楽番組で1位もとりたい。2016年の年末も授賞式で忙しい一年になったら嬉しい」と付け加えた。

以前の“跳び箱ダンス”に続き、今回の新曲のポイントとなる振付けは、片思いダンスとタイムマシンダンスだ。メンバーたちは自らダンスを披露した。また、新曲のミュージックビデオの撮影当時を説明し「ミュージックビデオに雪が出てくるが、本物の雪でない」とし、「雪が洗剤と片栗粉だった」と話した。また、「自分自身が綺麗になる感じがした。歌うたびに泡が立った」と付け加えた。また、「ミュージックビデオの撮影が野外だったが、とても寒い日だった。体に貼るカイロを上半身に6個貼り付けて群舞(体を曲げる角度から指先まで完璧に合わせ、刃物のようにキレのあるダンス) の撮影をした。首の後ろにも貼ったが、ダンスの途中でまるで卵を生むみたいに一つずつ下に剥がれ落ちていった」と話して笑った。

新曲の観戦ポイントについてGFRIENDは「『ガラス玉』や『今日から私たちは』は“パワー清純”でもあったが、本当に笑いながらパワフルに、刃物のように(キレのある)ダンスをした」とし、「今度はおぼろげなふり、悲しいふりもして、舞踊のように線がたくさん見えるダンスが入ったようだ。ステージで演技をたくさんしようと努力している」と説明した。
 
1位の目標を明らかにしただけに、公約についてシンビは「皆一緒に気を引き締めようという意味で、メンバーたちとバンジージャンプをしたい」と語った。これに対してユジュは「私たちは反対」としながら手を横に振って笑いを誘った。ソウォンは「タイトル曲が『時間を走って』なので、ファンの方々と一緒に走りたい」とも話した。

ソウォンは今回のコンセプトの観戦ポイントに関連して「私たちが今回、学校3部作をリリースしたが、そしたらもう制服は終わるということか?という質問をたくさん受けた」とした。引き続き「私たちは常に少女としていたい。年をとらずに常に少女として残りたい」として「同じ清純さだが感じが違う、成長する姿を披露したい」と明らかにした。

これに先立ちGFRIENDは、過去のイベントでファンが撮影した転倒映像で話題を集めた。雨が降って滑りやすいステージの上で数回転倒したが、再び起きあがり、多くの人々の関心を集めたことがある。これによりチャート逆走の喜びを味わい、人気を集めた。

これと関連してユジュは「雨が降るステージへの対策がなく、不十分な姿をお見せした。だが、そのような姿も愛してくださり、私たち皆が一つの心で感謝しながら過ごした」と話した。引き続き「その後、スタイリストも滑り止めのために努力し、ファンたちもその日以後、滑り止め用品をたくさんプレゼントしてくれた」と笑った。

頂点を狙うGFRIENDのニューアルバム「SNOWFLAKE」は純粋な雪の結晶である雪の花、雪を意味するタイトルのもと、弱いが輝き、寒いところでも美しい音楽で成長するという抱負を盛り込んだ。タイトル曲「時間を走って」はGFRIENDの“パワー清純”のコンセプトがうまく溶け込み、強烈なディストーションギターのサウンドが際立つ。

「時間を走って」は25日0時に公開された。記者 : チェ・ジェ、写真 : ハン・ヒョクスン(出典 kstyle

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

 X 閉じる